狭山での不動産売却に役立てたい!埼玉石心会病院の概要や診療科をご紹介

狭山での不動産売却に役立てたい!埼玉石心会病院の概要や診療科をご紹介

この記事のハイライト
●社会医療法人である埼玉石心会病院は地域医療支援病院の承認を受け入院治療やがん治療に特化した病院である
●埼玉石心会病院の基本理念は「断らない医療」「患者主体の医療」「地域に根ざし地域に貢献する医療」の3つである
●埼玉石心会病院の診療科にはER総合診療センター・低侵襲脳神経センター・心臓血管センターがある

狭山で不動産を売却する際は、不動産の周辺施設の情報を理解し売却時のアピールポイントとして役立てることが大切です。
なかでも、何かあったときのために把握しておきたいのは救急時に対応でき、安心して治療を任せられる病院ではないでしょうか。
そこで、今回は狭山にある「埼玉石心会病院」の概要や理念・方針、診療科についてご紹介します。
狭山で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

狭山にある「埼玉石心会病院」の概要

狭山にある「埼玉石心会病院」の概要

まずは、埼玉県石心会病院の主な概要についてご紹介します。

社会医療法人財団グループ

埼玉石心会病院は、社会医療法人財団石心会が運営する病院です。
社会医療法人は、2007年4月に新しい法人類型が創設されたことにより誕生しました。
この背景には、近年の自治体病院での医療基盤の崩壊があります。
国や自治体の財政が急激に悪化するなかで、持続的な地域医療を維持していくことが困難な状況下になってきました。
そのため、医療の在り方そのものを見直す必要が出てきたのです。
そこで、自治体病院に代わって医療法人が地域医療の主役となり、指定管理者として経営を担うことを国が期待して社会医療法人が創設されました。

地域医療支援病院の承認を受ける

1997年の第三次医療法改正により、総合病院という呼び名は廃止され「特定機能病院」「地域医療支援病院」「一般病院」の3つに役割が分類されました。
埼玉石心会病院は、それまでの地域医療に対する貢献が認められ、2004年に地域医療支援病院の承認を受けました。
地域医療支援病院は、全国の都道府県ごとに分けられたエリアの中核的な病院として、大きな役割と責任をもっています。
埼玉石心会病院も、埼玉県内で4番目にその重役を任されています。
地域の診療所から入院治療や手術、専門医療が必要な患者さんの紹介を受けるなど、急性期の高度な医療に特化した病院です。

がん診療指定病院に指定される

埼玉石心会病院は、2008年には埼玉県知事より「がん診療指定病院」に指定され、それ以降も継続して指定を受けています。
指定要綱は、5大がん(肺・胃・肝・大腸・乳)やその他のがんについて、手術や放射線療法・化学療法を組み合わせた集学的両方や、緩和ケアを提供する体制をもつことが定められています。
そのため、患者さんにとって最良のがん医療を提供できる体制が整っているのが特徴です。
患者さんだけでなく、そのご家族など誰でも無料で利用できる「がん相談窓口(がん相談支援センター)」で、看護師や医療ソーシャルワーカーが相談に応じています。

  • 所在地:埼玉県狭山市入間川2丁目37番20号
  • アクセス方法:西武新宿線「狭山市駅」より徒歩約10分

▼この記事も読まれています
土地の評価額とは?5つの評価額の特徴と調べ方を解説

\お気軽にご相談ください!/

狭山にある「埼玉石心会病院」の理念・方針

狭山にある「埼玉石心会病院」の理念・方針

続いて、埼玉石心会病院の基本理念と活動方針についてご紹介します。

基本理念

埼玉石心会病院は「断らない医療」「患者主体の医療」「地域に根ざし地域に貢献する医療」の以下の3つを基本理念として掲げています。
これらの理念をもとに1987年に開院し、地域の急性期医療を担っています。
また、地域からの医療ニーズに応えるために、2017年11月に新築移転し病床数を349床から450床へ増床しました。
さらに24時間対応する体制と最新設備を備えるほか、屋上にはドクターヘリ、防災ヘリが離発着できるヘリポートにより災害時の遠隔地からの患者にも対応しています。

活動方針

埼玉石心会病院は、基本理念を実現するために以下のような活動方針を定めています。

  • 救急患者さんはいかなるときも断ることなく受け入れる
  • 入院を必要とする患者さんはすべて入院を受け入れる
  • 迅速診療・迅速治療・早期退院を心がける
  • 常に向上心を持ち、医学知識、医療技術、診療態度のレベルアップに努める
  • 地域の医療・福祉施設との連携を密接にして患者さんにとって最適な医療をおこなう

上記は主な活動方針ですが、そのほかにも、医療安全管理の徹底や患者さんの意思と人権を尊重した医療サービスを提供するよう努めています。

患者の権利保障について

基本理念の1つである「患者さん主体の医療」をもとに、埼玉石心会病院では以下のように患者さんの権利も保証しています。

  • 個人として常にその人格を尊重され、良質な医療を平等に受けることができる
  • 治療法や検査の有効性や危険性などについて納得できるまで説明を受けることができる
  • 検査結果や治療法の説明に対して、ほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができる
  • 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療法などを自らの意思で選択することができる
  • ご自分の診療記録の開示を求めることができる

このように、患者さん主体の医療を実現するために、患者さんの立場に寄り添った医療をおこなうのが埼玉石心会病院の特徴の1つです。

▼この記事も読まれています
土地を売るのに最適なタイミングとは?注意点もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

狭山にある「埼玉石心会病院」の診療科

狭山にある「埼玉石心会病院」の診療科

最後に埼玉石心会病院にある3つの診療科についてご紹介します。

ER総合診療センター

ER総合診療センターは、総合診療科、救急外来、集中治療科を中心として外来診療から集中診療、一般入院診療まで幅広く対応しています。
患者さんを臓器別だけでなく、臓器横断的に診療を進めているのが特徴です。
救急外来では、症状の重度に関係なくすべての救急患者の診療にあたっています。
緊急性が高いと判断されれば救急外来で迅速に対応し、専門治療が必要な場合は専門科へ、総合的な診療が必要な場合はER総合診療センターで治療しています。
また、地域の病院や診療所と連携をし、患者さんに合わせた治療を提供することが可能です。

低侵襲脳神経センター

2017年11月の新築移転に伴い、今後必要とされる低侵襲治療を中心におこなう低侵襲脳神経センターが開設しました。
低侵襲脳神経センターでは、脳神経疾患に関わるさまざまな専門医師やスタッフなどを有しており、神経疾患に対して協同して診療しています。
具体的には、しびれ、めまいなどのさまざまな神経症状を呈する神経疾患、パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患などの診療にあたっています。
また、リハビリ部門は急性期リハビリおよび回復期リハビリを担当する常勤医師と、多くのリハビリスタッフらにより積極的なリハビリをおこなっているのが特徴です。

心臓血管センター

心臓血管センターでは、心臓血管外科と循環器内科が一体となり、あらゆる心臓血管疾患に対応しています。
内科と外科のそれぞれの得意分野を活かし、もっとも適した治療とは何かを常に検討し実施しています。
また、内科と外科の両方の利用を取り入れたハイブリッド治療をおこない、新しい治療法にも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

▼この記事も読まれています
住みながらマンション売却はできる?メリットとデメリットを解説

まとめ

今回は、狭山にある「埼玉石心会病院」の概要や理念・方針、診療科についてご紹介しました。
埼玉石心会病院は、断らない医療、患者さん主体の医療、地域に根ざし地域に貢献する医療という3つの理念をもとに、患者さんにとってもっとも適した治療をおこなっています。
最新技術はもちろんのこと、患者さんを第一に考え求められる医療を目指している病院のため、不動産売却時にはぜひアピールポイントとして役立ててください。
狭山の不動産売却ならハート・コンサルティング株式会社へ。
エリア密着型なので、スピーディーな売却が可能です。
親身な対応と誠実な査定を心がけておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。



狭山の不動産の売却相場

あなたの不動産いくらで売れる?あなたの家を無料査定します!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

04-2997-8771

営業時間
9:00-18:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ